となりにアロマ

嗅覚を刺激する隠れ家サロンミスコのブログ

RSS Admin
  • 先住民族のハーブのアロマウォーターを販売!

古来より現在に至るまで、人は薬草の力をかりて生きてきました。
その薬草の香りは人々を助け、貴重な供物として尊ばれ、お香や精油という方法で、現代に生きる私達に至ってでさえ、なお香りを身近においています。

このたび、アナンダラバにて、先住民族の方々が大切に使っているハーブの香りを楽しめるように、世界の精油ハンター・フィトアロマ研究所の小島さんが仕入れてきてくださる精油と、立山で汲んできた「穴の谷の霊水」でアロマウォーター・スプレーを作りました。

香りは3種類からお選びいただけます。ぜひイベントやワークショップでお試しください。



▼セージ・ウォーター For PURIFICATION(浄化)
アメリカ先住民の儀式に使われるセージは、周りに漂う邪気や、災いをもたらすものを祓ってくれます。いつも気持ちよく過ごしたい場所や、なんとなくモヤモヤを感じる時におすすめ。



▼ベアルート・ウォーター For PROTECTION(守護)
ホピの人々がお守りや健康のために使う、身近でパワフルなハーブがベアルート。熊がころんと転がったあとを掘ると、この根っこが出てくるのだとか。日本も含めた多くの先住民族の中で、熊は信仰の対象でもありました。あなたも強くありたい時に使ってみてください。



▼ジュニパー&パイン・ウォーター For MEDIATION(瞑想)
ルービンが瞑想に訪れる、ホピの聖なる場所に広がるのは、ジュニパーとパインの砂漠の森。その風景を香りでお届けします。

ホピを訪問する際、お礼として皆さんにトリートメントさせていただいたのですが、ルービンも小島さんから仕入れた精油を気に入ってくれたようで、世界各地の先住民のお友達の所から集まったハーブを「小島さんに」とお土産に持たしてくれたりと、小島さんを日本のエルダーとして、尊敬してくださってます。精油そのものに興味がある方は是非、小島さんのショップ&ブログを見てみてください(^.^)b

フィトアロマ研究所ショップ > ネイティヴアメリカン&インカ精油

ブログでもアナンダラバをご紹介いただきました。
アメリカ先住民ホピ氏族出身ルービン・サウフキーによるワークショップ開催お知らせ