となりにアロマ

嗅覚を刺激する隠れ家サロンミスコのブログ

RSS Admin
  • カチーナ・ダンス

ファイル 182-1.jpgファイル 182-2.jpg

カチーナ・ダンスは、村の人々がカチーナの姿をして、村の広場や、キバと呼ばれる地下神殿で行なわれる聖なる踊りです。

そんな神聖な時にホピ以外の者が伺ってもよいのかしら?と思いましたが、
ホピでは、人は「雲」という考え方があり、
また、その人の後ろには、先祖のスピリットが一緒にいるので、
人が集うとき、沢山の雲が集まって、やがてそれが恵みの雨を降らせるということだそうです。
(ただし、ダンスはとても神聖なものなので、一般の人が見れないものも多々あります。)

ホピでは基本的に撮影はできないので写真はありませんが、フェニックスで立ち寄った美術館に飾ってあった絵が雰囲気が近かったので、せめてイメージをお楽しみください。

人々が広場で踊るその姿は、なぜか懐かしいようでもあり、カチーナの装いを見ると「なまはげ」を思い出す人もいるのではないでしょうか。
また、祭りの光景に参加して、私が思い出したのは、故郷で慣れ親しんだ「神楽」。

地元の行事として、屋外や特設の舞台で奉納され、子どもも大人も、地域の人々が夢中になって神話の世界をともに過ごします。

ホピも日本も、祈る心、それを身体で表現するということは、共通しているのだなと感じます。

この記事のトラックバックURL
http://mysco.jp/diarypro/diary-tb.cgi/182