となりにアロマ

嗅覚を刺激する隠れ家サロンミスコのブログ

RSS Admin
  • 体の中の水の振る舞い

人体の体重の60%は水であると言われていますが、最近、筋肉と水の関係で、おもしろい記事を見つけました。

筋肉は、意外なことに、どうやって収縮するのかという仕組みはまだ解明されていません。

そこで、現在、竹森重さんという筋生理学の学者の方が注目しているのが、「筋肉の中の水のふるまい」ということです。

筋肉という組織の中にはたくさんの水があり、氷のように動かない水から、自由に動く水まで、その水の動き方に違いがあるというのです。
そして、この水の動き方が、筋肉の収縮の仕組みを解明する、カギになるのではないかということでした。


一方、この記事と同じ頃、「WATER」という映画の存在を知りました。
http://www.youtube.com/watch?v=DhuHjPPRI64


水を、ただH2Oという分子という観点だけではなく、その分子がどのようにくっついて形を作っているか、クラスター・構造を作っているかということで、新しく水の性質をとらえようとする研究が始められています。

その視点から行なわれている数々の研究によると、ひとつひとつの水分子のくっつき方、構造パターンが、ひとつの情報記憶装置となること、すなわち「水は情報を記憶する」という可能性が考えられています。

ある研究によると、ポジティブあるいはネガティブのいずれにしても、人間の感情が、もっとも大きな影響を持っているということです。

そして、体の大部分が水ならば、人間の体が、周囲からの、あるいは自分自身による、マイナス、あるいはプラスの感情の影響を受けているということは、自然に考えられることではないでしょうか。

こうした研究の存在を知り、
私が学んだ手法は、体に含まれている水を、動かし、活かすものは活かし、排出させるものは、排出させるという事で、身体全体の水の循環を改善する、体内の水に対してアプローチするという技術なのではないかと、近頃考えています。

体内の水のふるまいがさらに注目され、研究が進めば、また新しい発見があるのではないかと思う、今日この頃です。

  • ICU医療関係者の会 交流会

ファイル 163-2.jpgファイル 163-3.jpg

先日、ICU医療関係者の会の交流会に参加してまいりました。


交流会も早いもので今回で3回目。


スタッフの先輩が、「毎回、この交流会が自分の成長をふりかえるよい機会になっている」と仰っていたのですが、私もこの交流会は、去年の今頃は・・・と思い返す、よいきっかけになっています。


昨年は交流会の後、色々と考えて、長生学園へ入学したり、ICU医療関係者の会のインタビュー企画がスタートしたり、学園祭でお話しさせていただいたりして、新しい活動にチャレンジでき、とても有難いことだと感じています。


今年は、とてもリラックスして臨んだ交流会でした。(写真は会のHPの運営報告をさせていただいている所を撮っていただきました)
特に、個人的には、鍼灸師&ロルファーとして活躍されている先輩にお会いし、交流することができ、とても興味深い経験をさせていただくことができました。


来年はどんな自分でありたいか、ということを考えて、今年も行動していきたいと思います。

  • 「ICUと医療」座談会

ファイル 147-1.jpgファイル 147-2.jpgファイル 147-3.jpg

ちょっと前になりますが、先日、母校の学生がやっている医療サークル「MEDICS」の活動の一環として開催された、学園祭のイベント「ICUと医療」座談会に呼ばれてお話してまいりました。

初めての試みということで、どんな方がいらっしゃるのかなとちょっとドキドキしていましたが、以外にも、学生ではなく地域(三鷹市民)の方々、それもシニア層の方が大半でした。
「医療」というテーマに対する、切実さを感じました。

私は、健康をサポートする立場として、病院にかかる前に、自分や家庭でできることをお伝えしていけたら、ということをお話してきました。

といってもキンチョーしまくりで、あまり上手にお話できませんでしたが・・・

ご一緒させていただいた、酒井忠昭先生からは、「医療基本法」のお話をご紹介いただきました。

「医療基本法」を国民全体で考えていくことによって、そのプロセスの中で医療を取り巻く様々な問題がテーブルに出され、議論され、整理され、そして本当に「よい医療」とは何かを共有し、実現に近づけていく。
政権が変わった今だからこそ、実行に移していくチャンスかもしれないとのこと。


そういえば先日の事業仕分けの時にも、漢方の保険適用の見直しが取り上げられた際には、反対する声が次々とあがりました。
つまり、漢方もその効果や力を認められてきており、現場で必要なものとして普及しつつあるのだなと思ったりします。

様々な分野が協力して、皆が自分で納得できる人生をおくる、そのための助けに医療がなればと願います。

  • 逗子に引越しました!

早いもので、朝晩寒さが増す時期になりました。

さて、この11月から住み慣れた武蔵野エリアを離れ、
逗子に引っ越してまいりました。

ようやく引越しも整理がつきましたが、
このたった数ヶ月で、いろんな出会いがあり、
一見平凡ながらも変化を感じる毎日です。

振り返ってみると、2009年は、変化の年だったといえるかもしれません。
来年は、その変化を安定に向ける年になりそうです。

そんなわけで、海が見える過ごしやすいお部屋にサロンも移転となりました。
新しい隠れ家サロンミスコに遊びにいらっしゃいませんか。

  • 夏の葉山

ファイル 135-1.jpgファイル 135-2.jpgファイル 135-3.jpg

先日、逗子に住んでいる友人に会ってきました。


連れて行ってもらったのが、葉山にあるengawaというカフェ。
ICUのひとつ上の先輩が、ゼミの友人の協力と、APバンクという基金の支援をうけて、立ち上げたカフェということです。

もちろんお料理もおもてなしも素敵だったのですが、なんといっても、侍医のお宅だったというこの築80年の古民家がすごい!

素人ながら、これまで旅先などで古民家をいくつか見てきた中で、
玄関の石段
ガラス戸や窓の組子
衝立
廊下の天井
天井の高い床の間など、
細に渡り微に渡り、職人さんの遊び心が見て取れる建築物なのです。

お伺いしたところ、宮大工さんによるものと聞いて納得!
確かに京都のお寺のような静謐感もありつつ、洒落に溢れた邸宅でした。

これまで見てきた質実剛健な農村の古民家や、飛騨高山のダイナミックな古民家とは、ちょっと違った趣きがありました。

葉山にはこうした素晴らしい別荘文化があるそうですが、維持が難しく取り壊され減ってきているとのこと。
そんな貴重な建築物が、こうして新しい形で残っていくのは、素敵なことですね。
オーナーのICU卒の先輩も、美人で、凛としていて、とても素敵な方でした。


しばらくゆっくりした時間を過ごした私達は、その後一色海岸でカキ氷を食べて、お家訪問して、帰りました。


そしてこの日の会合には、すごいオチが。
友人がサブレット(注:自分の部屋を旅行などの留守の間に貸すこと)している家の持ち主が、私がいつもお世話になっているフィトアロマ研究所・小島さんの知人だったのです!
その方の家に、偶然、私の大切な友人が住んでいるなんて。
こんな縁ってあるものなんですね。

  • 枇杷の芽が出た!

ファイル 132-1.jpg

なかなか芽が出ないので、
だめだったのかな・・・と諦めかけたある朝、
ちゃんと枇杷の芽が出ていました!

この写真を撮ったときから、さらに今では+3つの芽が出ています♪

  • とある週末

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpg

久しぶりのブログ更新です!

学校の中間テスト(懐かしい響き。。)が終わり、今週末は久しぶりにリフレッシュできました。

土曜日は久しぶりに母校でバスケ!
とても楽しかったんですが、不覚にもその後熱中症になってしまいバタンキュー。。3時間もつきっきりで看病してもらい、おかげで旦那さんの週末は「忙しかった」みたいですが・・・(汗)

まぁなんとか落ち着いて、翌日は歯医者さんに行き、かみ合わせを見てもらいました。
「最近、寝てても噛みしめてるのに気づいて起きちゃうんですよね。」
そんな相談をして、早速調整してもらうと、前日から熱中症で痛かった頭がすうっと軽くなっていくのにびっくり!これは、バスケでも無意識にかなり噛みしめちゃってたものと思われます。。


帰宅してからは、最近渡辺先生のご紹介でお知り合いになることができた方から、栽培種でない枇杷の種と、枇杷専用の貴重な腐葉土を頂いたので、早速植えてみました。

ホームセンターで鉢を買うと、意外とスペースが必要なことがわかって、この際ベランダやグリーンまわりも改造することに。
ベランダを枇杷栽培スペースとして、従来のガーデニングスペースは玄関先に移動。
ハーブも新しく買い足して、かなり爽やかな玄関先になりました。
お出かけが楽しくなりそうです。

枇杷には沢山薬効があるので、使い方を研究して、いつか枇杷療法も取り入れられたらいいなと思っています。今後も栽培日記をアップしていきますのでお楽しみに!

  • 初心の者

いよいよ今週から長生学園の授業が始まりました!

月曜日の入学式、ある方の祝辞で
「先生方に教えを乞うてください」という言葉をいただき、はっとしました。


・・・そうか、教えって「乞う」ものなんだ。


恥ずかしながら、これまで当たり前のように教育を受けてきた中、
そういう意識はあまりなかったです。

小中高は、のほほんと通っていたし、大学は自分の成長のために利用するサービス、
そんな意識で授業を受けていた私。
この言葉を聴いて、私は学ぶ姿勢として大切なことを忘れていたな、と猛省しました。

バスケットのコーチからも
「人間、お腹がすいていないと、何を言われても入っていかない。」
と教わったことがあります。

「教えを乞う」
今後も、この言葉を噛みしめながら通いたいと思います。


それと最近、「初心者」という言葉が気に入っています。
「初心」の「者」と書いて「初心者」。

初心は、だんだん忘れがちなもの。なので時折「初心者」になれる機会があるというのは、とても貴重な経験なのかもしれません。

  • マッサージ師の資格を取ります

自分でもびっくりの、急な展開ですが。

私は地方への移住後、また子育て後に国家資格を取って治療院を開こうと思っていました。
けれど、今後の家計運営計画を見直したとき、東京にいる今の環境で物理的に通学が容易なうちに、資格取得を目指すほうがよいのではないかと、ここ数日夫と話し合っていました。(ちなみに我が家の家計は3月が年度末なのです)

そこで調査したところ、マッサージ師の資格が取得できる長生学園で、たまたま夜間部欠員募集をしていることを知り、この度、急遽応募することにしました。

すでに願書は提出し、3月28日に面接試験を経て、合格すれば4月より3年間勉強して、マッサージ師の国家資格取得を目指すことになります。

マッサージ師の学校に行きたいという気持ちを素直に話したとき、家族を含め、すでに話をさせていただいた皆様に応援をいただいて、ものすごく有り難いです。

今後はマッサージのプロとして、どんな土地に行っても、より多くの方に利用していただける体制を作りたいです。

これからは主婦&学生&アロマセラピストの3足の草鞋ですが、家庭と体を大事にしつつ頑張ります!

皆様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

  • ママに笑顔を。

昨日は、お世話になった部活の先輩にお子さんが生まれたので、そのお祝いをと、OG仲間でおうちにお邪魔してお茶会をしてきました。

赤ちゃんの可愛い笑顔に和むのはもちろん、久しぶりの仲間にも会えてほんとに楽しいひと時を過ごせました♪
(会うと嬉しい友がいるって、いいなぁ。)

そして先輩には、ささやかなプレゼントとして。
簡単ですが手と足のトリートメントをさせていただきました。

トリートメントの間の赤ちゃんのお世話も、他の皆が協力してくれての贈り物となりました。
ほんの少しでも、癒しのひと時を過ごしていただけたなら嬉しいな。(o^^o)


毎日、ご家族のケアで休みのないお母さんは、ご自分のケアはどうしても後回しになりがち。
でもやっぱり、家庭の中心であるお母さんが健康&笑顔でいてくれると、きっとご家族の皆さんも嬉しいと思うのです。
そのために何か少しでもお役にたてたらいいなぁと、常々思っています。

サロンでは出張を承っておりますが、お忙しいお母さん方にももっとご利用いただきやすく、サービスを改善できたらと考えています。

もし私が育児中のお母さんだったら、旦那さんから「トリートメントの1日」をプレゼントされると嬉しいかなぁ~?なんて思うんですけどね。
こればっかりはまだ、未経験なので分かりません!
皆様、いいアイデアがあれば是非教えて下さいませ。m(_ _)m

前のページ 次のページ 1 2 3