となりにアロマ

嗅覚を刺激する隠れ家サロンミスコのブログ

RSS Admin
  • 眠たい朝に!めざましホットタオル

朝の冷え込みが厳しくなり、
お布団から抜け出すのがつらい季節になってきました。

うちのダンナ君も目覚めがたいそう悪く、朝はボーっとしてます。
なんと朝の記憶はほとんどないそうなΣ(゚ロ゚;)

そんな彼をてっとり早く目覚めさせるべく
忙しい朝でも作れるホットタオルを考案してみました。

①水にぬらしたタオルを絞り、レンジで1分弱チン。
②幅を二つ折り(細長く)して、タオルの端~っこに1滴ペパーミントをたらし、
③オイルを垂らした端っこが内側になるようにくるくる巻きます。

これでペパーミントの香りつき、おめざめホットタオルが完成!

タオルの端っこに垂らしておけば(端っこで顔を拭く習性のない限り・・・)
オイルが肌につく心配もなく、タオルの蒸気で香りを吸入できるというわけです。

このホットタオルなら眠い朝もシャキッと目が覚めますよ~☆
そして、寒い時期には温かいタオルが嬉しいものです。
ぜひぜひお試しくださいね。

  • 使い切れないアロマオイルの活用法

残念ながら期限があぶない精油、香りが明らかに変わってしまった精油は
ホームクリーニング用途なら、思い切ってがっつり!使えます。
香りがあると、お掃除もはかどるから不思議!

☆アロマ重曹
私はアロマ重曹を作って、お風呂場やトイレ、キッチンなどのクレンザーに利用しています。
また、カーペットに振りかけて掃除機で吸うと、細かいほこりもとれますよ。

分量の目安は、重曹100gにアロマオイル5~10滴程度まで。
けっこう、大ざっぱです(^^;)

☆クリーナー
また、床掃除のときに、仕上げに水+アロマオイルで水ぶきしています。
お風呂も、ティートリーやラベンダー、サンダルウッドなど、
カビに強いこのアロマ+水でスプレーして拭いておくと、カビが生えにくくなるのでおすすめです。

ちなみに、アロマ+水に、さらにエタノールを少量加えると、除菌効果がアップしますよ。
自然のものなので、冷蔵庫やレンジなど、ちょっと洗剤が使いにくいなあなんて所にも遠慮なく使えます。

☆防臭
ティッシュに精油を2、3滴たらします。
ごみ箱の底に入れておいたり、げた箱などにも。
消臭、殺菌効果があります。

どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね☆

  • アロマオイルの品質、大丈夫?

もうすっかり夏も終り、秋の気配に包まれる今日この頃ですね。

ところで、みなさんがお持ちのアロマオイル、
なんだか匂いが変わってしまっていたりしませんか?

一般に、アロマオイルの目安は開封して1~2年と言われていますが、
保管状況が悪いと、早めにオイルが劣化してしまうことがあります。

アロマオイルはそもそも「油」ですので、特に熱や高温は大敵。
夏場の温度上昇で、せっかくのオイルが酸化し、傷んでしまう場合があります。

また、ビンのふたをきっちり締めていないと、
空気にふれて酸化が進んだり、せっかくの香りが揮発してトんでしまいます。

夏を終えたこの時期に、ぜひ一度お手持ちのアロマオイルの香りをチェックしてみてください。

特にマッサージオイルやコスメなどでお肌に用いる場合は
劣化したアロマオイルの使用は避けるのがベターです。

残念ながら期限があぶない精油、香りが明らかに変わってしまった精油は
ホームクリーニング用途にがっつり活用して、早めに使い切ってしまいましょう!

  • 手作りのナチュラルせっけん♪

ファイル 53-1.jpgファイル 53-2.jpgファイル 53-3.jpg

昨日、いつもブログでお世話になっている
「HONO*bono」のmikandog58さんから、素敵な石けんさんが届きました☆

届く前からとっても楽しみだったせっけん!mikandog58さんのせっけんはどれも素朴で、ナチュラルっていう言葉がぴったり。飾らないシンプルさが好きで、ぜひ一度使ってみたいなぁと思っていました。

届いたせっけんたちは素敵にラッピングされていて、イメージにぴったり!開けるのがもったいなくてしばらく眺めていました(^^)
でも、こらえ性のない私・・・。デジカメにパチパチ収めてから、
がまんできずに早速封を開けました。

☆いちばん左が、BIHADAせっけん。
ほんのりハーブの香りのするこのせっけんはローズパウダーを使っているそう。ヨーグルトもはいっているからか、不思議と手触りもやわらかくて、やさしい感じのせっけんです。

☆真ん中が、Lavender。
ほんのりグリーンのさわやかな色が素敵。ラベンダーのすがすがしい香りがします。洗い上がりはさっぱり、とのことなので早く使ってみたいナ!

☆いちばん右が、カレンデュラ&マンゴーせっけん。
こちらはレモングラスの爽快な香りがします。手触りももちもちっとした感じのこちらのせっけんは泡もクリームみたいだとか。使うのが楽しみです♪

☆上の右側は、ROSEHIPせっけん。
素朴だけど存在感のあるせっけんです。こういうせっけん、大好き♪思わずかじりつきたくなっちゃいます。

☆そして上の左側が、竹炭マーブルせっけん。
すごいなぁ~こんなせっけんが手作りできるんですね。こちらには最近気になっていたツバキのオイルが入っています。ツバキは紫外線にも強いみたいなので、これからの季節にぴったりかもしれませんね。

そして、その日のうちに竹炭マーブルせっけんを早速使ってみました!
シャンプーバーとして作られたということですので、私もマネして頭から足先までこちらで洗ってみました。
こちらのせっけん、泡はなめらか、洗い上がりはスッキリ!ローズマリーと竹炭のほのかな香りがいいんです。そして、せっけんで頭を洗うというのは初めてだったのですがこれがグー!シャンプーで洗うより地肌がすっきりした感じです。
他のせっけんも早く使ってみたくてうずうずしています。
ソープディッシュがいくらあっても足りませんね~。

やっぱり手作りせっけんはいいですね。私も挑戦してみたくなりました(^^)

mikanさん、たくさんの素敵な石けん、ありがとうございました!じっくり味わいながら使わせていただきます☆

  • アロマの香りでお洗濯

ファイル 51-1.jpg

最近ようやく雨空続きは終わりましたが、雲の多い天気が続いています。私も旅行から帰って来て、ようやくたまっていた洗濯物が片付いたところです。(^^;)

でもこんな季節、やっぱり気になるのは洗濯物の匂い!
ジメジメ曇り空だとカラっと乾かないのでやっかいですよね。

私はそんな時も、アロマを活用しています☆
すすぎのお水に精油を3滴くらい加えれば、ほんのり香りがつき、気になるにおいを防止します。(シミにならないよう、衣類に直接ふりかけないように気をつけてくださいね)

精油ですが、私は効用メインというよりも、買ってみたものの品質がいまいちだった精油とか、使用期限が迫ってきてお肌への使用はちょっと・・・な精油たちを使いきる目的で使用し、香りメインでいろいろ試してみています。

いろいろ試したところ、カンキツ系、特にレモンが一番香りがよかったです。
ティートリーは殺菌効果を期待するものの洗い上がりの香りがいまいち・・・
また、以外とイランイランなんて、ほんのりフローラルな香りになって最近お気に入りです。

重曹もお洗濯によいようですから、アロマ+重曹のコンビもいいかもしれませんね。
ただ重曹を加えると少し香りが変わってしまうので、今後いろいろ実験してみたいと思ってます。

重曹ってエコなだけでなく結構安いのが魅力的なんですよね~☆
やわらかく仕上がり、お肌にもやさしいみたいなので、色々試してみようっと。

  • トイレにアロマなインテリア♪

ファイル 92-1.jpg

アロマの香りを楽しむ定番ツール、アロマポットやランプ。
私はアロマランプを"トイレ"のインテリアにしています。⇒

特に湿度が高く、いろんなニオイが気になるこの時期。
トイレは虫も心配です。
そこで防虫作用や消臭作用のある香りを使えば、
とっても実用的なインテリアグッズになります。
消臭剤のあの独特な香りが苦手、なんていう方にもおすすめ。

香りは、まずはお好きな香りを選んでいただいてよいかと思いますが、
★ラベンダー
★ゼラニウム
★ローズウッド
★ユーカリ
がおすすめです。
デオドラント作用があると言われるオイルを色々試してみましたが、これらのオイルはとくに香りが長持ちするようです。また、特に害虫が気になる時にはシトロネラもおすすめですよ。

じつはこのアイデア、私の行きつけの美容院さんで見つけたんです♪ハーブの製品を利用している素敵な美容院なので、こっそりインテリアやおもてなしの参考にしています。
トイレがちょっと素敵な空間だと、暮らしがセンスアップした気がしますね~☆

※なお、ろうそくを使うアロマポットだと防災上危険ですので、電気を使うアロマランプを使ってくださいね!

  • 旅のおともに持って行きたいアロマ

旅行に行くときは、体調も万全にして、思いっきり楽しみた~い!!ですよねo(^-^)o。

私はアロマのパワーを身近に実感するにつれ、旅先でも絶好調!の体調でに過ごすために、アロマをちょこっと忍ばせていくようになりました。

私が持って行く精油はラベンダー。
定番中の定番ですが、「精油の切り札」と言われるこのオイルがあれば、急な怪我、日焼け、やけど、時差ぼけ、虫除け、体の疲れ等々活躍範囲が広く、心強いです。
去年石垣島に行ったときは、日焼けでひりひりした肌のケアでラベンダー入りのマッサージオイルにとってもお世話になりました(^^;)

さらに、遊びつかれた脚や乗り物でむくんでしまいそうな脚をケアするため、マッサージオイルを作って持って行きます。(といっても、最近では自分と言うより相方にマッサージしてることが多いですが。。)

最近はラベンダー+マージョラム+ジュニパーのブレンドがお気に入り。
旅行の時だけでなく、運動の前後にも使えます。バスケットなんてちと激しい運動をする機会が多い私にとってはかなり重宝するブレンドです。
気分によって、ハッカ、レモン、ローズマリーのいずれかをプラスしてもいい感じ!
・・・あぁ、やっぱ肉体派のブレンドだなぁ~( ̄∇ ̄)ゞ

  • ナチュラルなマウススプレーで爽やかに♪

ファイル 35-1.gif

先日のニアウリの記事ですこしお話した、マウススプレーの作り方をご紹介します♪
いがらっぽい、たんが絡むなど、のどの不快感が和らぎ、朝晩の気温の変化がはげしいこの時期の風邪の予防・対策にもおすすめです。

【使用する精油】
・ニアウリ 13滴
・レモン 6滴
・ペパーミント 6滴
【作り方】
・ビーカー(またはガラスの容器)に
・ウォッカを25ml、精油、水を15ml加え、軽く混ぜます
・混ぜたものをガラス製のスプレーボトルに入れ、
・フタをしめて軽くシェイク!

アルコールが入っているので基本的にオイルは混ざりますが、
念のためすこし振ってからご使用くださいね。

香りは、ニアウリのせいか、さっぱりしたリステリンな感じです。
味はウォッカが入っているので少し苦みがありますね。

私は寝ているときに口が開いているらしく、(^^;)
いつも寝起きにノドがいがらっぽいのですがこれを使うとすぐにスッキリします。

小さめのスプレーボトルに作っておけば携帯でき、どこでも使えて便利ですよ☆

  • マッサージオイルを120%活用する

ファイル 29-1.jpg

キャリアオイルにエッセンシャルオイルをプラスしたマッサージオイルですが、私はただマッサージだけでなく、他の方法にもいろいろ活用しちゃってます。

★シャワータイムに★
最近のお気に入りがこの方法。
私はシャワーのあとの仕上げとして、オイルを体に塗ってます。

香水ほどきつくないし、アロマの効果も期待できて一石二鳥。
運動のあと香りを身にまとえば、デオドラント効果もリラックス効果もあって、ほどよく疲れた体にぴったり♪
小さなビンに入れて、ジムなどでを流した後のシャワータイムに使ってみてはいかがでしょう?

★クレンジングに★

オリーブオイルのキャリアオイルを使えばクレンジングにも利用できます。
私はダブル洗顔派で、以前から市販のクレンジングオイルを利用していたのですが
ふと思いついて使ってみたら、市販のクレンジングオイルより肌がもっちりした感じ!
以来、お気に入りの方法です。

★スキンケアに★

アロマオイルの様々な作用はもちろん、キャリアオイルにも栄養があるので、顔、手、かかと、ネイル、ヘア・・・色んな所のケアに活用できます。
軽くマッサージしながらお肌に浸透させればグッドです☆
ちなみに、(分量はちゃんと計量しなくてはいけませんが)
クレイをプラスすればパックに、ミツロウをプラスすればクリームになりますね。

こんなふうに、エッセンシャルオイル+キャリアオイルの組み合わせのバリエーションが増えるとアロマの活用方法がぐっと広がります。
マッサージオイルというよりは、まさに「トリートメントオイル」といったほうがいいかもしれませんね。

  • あったか&ひんやり♪アロマの湿布

ファイル 28-1.jpg

熱を出すと、お母さんがひんやりしたタオルをおでこに当ててくれる・・・
お食事の時に出されたあったかいおしぼりがほっとする・・・
そんな経験、ありますよね。
アロマの湿布もこのように、冷水やお湯にアロマオイルをプラスし、
そこに浸した布を痛みのある場所に湿布する方法です。

冷湿布は、熱や腫れを伴う痛み
温湿布は、こりや冷えている所からくる鈍い痛みに、
気持ちがいいものです。
マッサージオイルがない場合、あるいは眼の周りのデリケートな所などにも利用できる方法で、
気軽に気分転換したいときにもおすすめです。

【方法】
お湯または冷水を洗面器に張ります。
アロマオイルを1~2滴加えます。
そこに細長く折ったタオルを浸し、絞ります。
*温湿布の場合、両端は残して浸し、乾いた端をもってタオルを絞ればヤケドの心配なしです。

使用するアロマオイルは、痛みや筋肉の痙攣を和らげたり、
血行を促す作用のあるものがよいでしょう。
マージョラム ラベンダー ローズマリー 
ジュニパー ユーカリ サイプレス ペパーミント 
等がおすすめです。

応用編として、このように作ったタオルをおしぼりとしてお客様にお出ししてもいいですね。
私がよく利用する美容院でも季節ごとに合った香りのお絞りを出してくれ、いつも気のきいたおもてなしだなあと思うのです。
この時期だと、花粉症のお客様にさりげなくユーカリやペパーミントのおしぼりをお出しすると
きっと喜ばれそう!

前のページ 次のページ 1 2