となりにアロマ

嗅覚を刺激する隠れ家サロンミスコのブログ

RSS Admin
  • 先住民族のハーブのアロマウォーターを販売!

古来より現在に至るまで、人は薬草の力をかりて生きてきました。
その薬草の香りは人々を助け、貴重な供物として尊ばれ、お香や精油という方法で、現代に生きる私達に至ってでさえ、なお香りを身近においています。

このたび、アナンダラバにて、先住民族の方々が大切に使っているハーブの香りを楽しめるように、世界の精油ハンター・フィトアロマ研究所の小島さんが仕入れてきてくださる精油と、立山で汲んできた「穴の谷の霊水」でアロマウォーター・スプレーを作りました。

香りは3種類からお選びいただけます。ぜひイベントやワークショップでお試しください。



▼セージ・ウォーター For PURIFICATION(浄化)
アメリカ先住民の儀式に使われるセージは、周りに漂う邪気や、災いをもたらすものを祓ってくれます。いつも気持ちよく過ごしたい場所や、なんとなくモヤモヤを感じる時におすすめ。



▼ベアルート・ウォーター For PROTECTION(守護)
ホピの人々がお守りや健康のために使う、身近でパワフルなハーブがベアルート。熊がころんと転がったあとを掘ると、この根っこが出てくるのだとか。日本も含めた多くの先住民族の中で、熊は信仰の対象でもありました。あなたも強くありたい時に使ってみてください。



▼ジュニパー&パイン・ウォーター For MEDIATION(瞑想)
ルービンが瞑想に訪れる、ホピの聖なる場所に広がるのは、ジュニパーとパインの砂漠の森。その風景を香りでお届けします。

ホピを訪問する際、お礼として皆さんにトリートメントさせていただいたのですが、ルービンも小島さんから仕入れた精油を気に入ってくれたようで、世界各地の先住民のお友達の所から集まったハーブを「小島さんに」とお土産に持たしてくれたりと、小島さんを日本のエルダーとして、尊敬してくださってます。精油そのものに興味がある方は是非、小島さんのショップ&ブログを見てみてください(^.^)b

フィトアロマ研究所ショップ > ネイティヴアメリカン&インカ精油

ブログでもアナンダラバをご紹介いただきました。
アメリカ先住民ホピ氏族出身ルービン・サウフキーによるワークショップ開催お知らせ

  • 『湘南スタイルmagazine』 5月号に掲載☆

ファイル 176-2.jpg

この度、隠れ家サロン ミスコが、

『湘南スタイルmagazine』 5月号に掲載
されました!

もしお近くの書店で見つけられた際には、是非、チェックしてみてくださいませ(^^)☆

  • 長生学園のパンフレットに登場?!

ファイル 167-1.jpg

もう3月。学校も1年目が終わり、「春休み」を過ごしています。
といっても、ますます忙しくなっている気がする、今日この頃ですが…

思えば昨年の今頃、長生の追加募集の試験が受けられることを知って、慌しく願書を提出していたっけ。

そんな私ですが、長生学園の来年度の新しいパンフレットに、僭越ながら先輩の声をお届けするために登場させていただいています。

最初は学費が安いという点と、信仰に基づいているという点で、長生への入学を決意したのですが、実際に1年間通ってみて、この学校でよかったなぁとしみじみ感じています。

特に、校長先生のお人柄がとても素晴らしくて、すっかりファンになってしまっている私です。

長生療術の実技を学ぶ時間では、校長先生が直々に施術のデモをしてくださるのですが、力任せではなく、ふんわり優しいのにピシッと矯正されていて、単純に気持ちいい(笑)とともに、女性がする施術の見本として、とても参考にさせていただいてます。

1年目は学科も解剖生理を学んだりと、基礎を中心として学びました。
2年目は東洋医学の勉強が始まります。全部のつぼも頑張って覚えます!

  • サンプルセットのビンの使い方

ファイル 81-1.jpgファイル 81-2.jpgファイル 81-3.jpg

お蔭様で、癒しフェアは大盛況のうちに終了いたしました!
フェアでは沢山の方にディエットアロマの香りをお試しいただけ、とても嬉しいです。
そしてセラピストとしてもすごく貴重な体験となりました。

さて、フェアの模様は後ほどゆっくりお伝えするとして・・・

フェアで販売いたしましたサンプルセットですが、
こちらのビンの使い方についてご質問を頂いたので、お知らせします。

サンプルセットのアロマオイルは、細長くて試験管のような、
ちょっと特殊な形のビンに入っています。

こちらのビンには、キャップに棒状のものがついていますので
この部分を利用すると、一滴がきれいに落とせます♪

★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★ 使い方★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★

1.キャップのふたを開けます。キャップには棒状のものがついています

2.ビンをかたむけ、棒にオイルをつたわせるようにします

3.ゆっくりオイルが落ちてくるのを待ちます

★・・・・・★・・・・・★これでちょうど一滴、オイルのしずくが垂れます。★・・・・・★・・・・・★

ちなみにマッサージオイルを作るときは、
オリーブオイルやホホバオイルなどの植物性の油にアロマオイルを混ぜます。
べたつきが気になる場合は、ホットタオルで軽くふきとっていただけばOKです。
詳しい分量などは、添付のカードをご覧ください。

前のページ 次のページ 1